朧の.Netの足跡
問合せ先:support@oborodukiyo.info サイト内検索はこちら 
その他 Mac上のVirtualBoxで解像度とマルチモニタの設定の仕方(ゲストOS:Windows 10)





VirtualBoxのスクリーンショットが撮れなかったので文字だけの解説になります。
ここでは、macOS High SierraにVirtualBox(バージョン5.2.4)をインストールし、そこにWindows 10 Proをインストールし、その後VirtualBoxのモニタのマルチ化と解像度を16:9にしたい場合の設定方法を解説します。
まずVirtualBoxにWindows 10 Proをインストールします。
そしてWindowsを最新の状態までUpdateします。
その後一度Windows 10をシャットダウンします。
「設定」で「ディスプレイ」のところで、ディスプレイ数を2にします。
解像度を上げたり、マルチディスプレイ化したいならば、ビデオメモリーの余裕があれば多くしましょう。

設定が終わったら、Windows 10を起動します。
そしてVirtualBoxのメニューの「Devices」の「Insert Guest Additions CD Image...」をクリックします。
(ここで注意ですがWindows 10をインストールする時のisoファイルを仮想ドライブに設定したままだとInsert Guest Additions CDを設定できないので確認してください。)
VirtualBoxのメニューの「Windows」を開くと、ディスプレイの数を2つにしていれば「○○○[Running]:2」というのがあるはずなのでクリックします。
隠れていたウィンドウが表示されます。
VirtualBoxのメニューの「View」の「Virtual Screen 2」をクリックすると一番上に「Enable」があるので、クリックすると2つ目のウィンドウが使えるようになります。
「Virtual Screen 1」と「Virtual Screen 2」で好きな解像度が選べるようになります。
ここでサブウィンドウに何も表示されない時は、Windows 10の「設定」の「ディスプレイ」の中で、複数のディスプレイの項目で「表示画面を拡張する」か「表示画面を複製する」を選ぶと映ると思います。


ホストがmacOS Mojave版は次をどうぞ。
写真付きです。
MacのMojave上のVirtualBoxで解像度とマルチモニタの設定の仕方(ゲストOS:Windows10)









良いやや良い普通やや悪い悪い

投稿日時評価コメント