朧の.Netの足跡
問合せ先:support@oborodukiyo.info サイト内検索はこちら 
Swift 正規表現でのエスケープ処理の例





NSRegularExpressionのクラス関数でescapedPattern(for:)というメソッドでエスケープが可能です。
引数の型はStringです。
戻り値がエスケープされた正規表現となります。

            //urlがエスケープ処理したい文字列
            escapeString = NSRegularExpression.escapedPattern(for: url)
        








良いやや良い普通やや悪い悪い

投稿日時評価コメント