朧の.Netの足跡
問合せ先:support@oborodukiyo.info サイト内検索はこちら
ORACLE Oracle 19cにクライアントからログインできるように





Oracle 19cをインストールした直後には、tnsnames.oraでの設定が下のようになっていると思います。

tnsnames.ora(前)

            ORCL =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = orcl)
    )
  )
        

HOSTにlocalhostの指定だとクライアントからはアクセスできません。
そこでHOSTにサーバーのIPアドレスを指定するとクライアントからアクセスできるようになります。
編集した後にはデータベースを再起動しましょう。

tnsnames.ora(後)

            ORCL =
  (DESCRIPTION =
    (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 192.168.xx.xx)(PORT = 1521))
    (CONNECT_DATA =
      (SERVER = DEDICATED)
      (SERVICE_NAME = orcl)
    )
  )
        

ここで、クライアントからログインしようとした時に「ORA-12638 資格証明の取出しに失敗しました。」が出た時は、 サーバー側のsqlnet.oraの「SQLNET.AUTHENTICATION_SERVICES= (NTS)」を先頭に#を入れてコメントアウトします。
編集したらデータベースを再起動しましょう。









良いやや良い普通やや悪い悪い

投稿日時評価コメント