朧の.Netの足跡
問合せ先:support@oborodukiyo.info サイト内検索はこちら
.Net エラーメッセージの表示の一元化の勧め





ここでは、エラーメッセージや情報メッセージを表示する場所を一元化することを勧めるページです。
エラーダイアログや情報ダイアログを表示するのは数行で済むので、各個人がやっているかもしれません。
しかし、オプションのアイコンやボタンを設定しているのがまちまちだったりするかもしれません。
またエラーログを取るのにこういったラッパー関数で、引数にエラー情報も渡して、ログを取るのも簡単に変更出来てよいと思います。
お勧めします。

C#

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            showErrorMessage("エラーですよ。", "フォーム1");
        }
        private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            showInfoMessage("削除できません。");
        }
        
        //エラーメッセージの例
        private void showErrorMessage(string msg, string title = "エラー")
        {
            MessageBox.Show(msg, title, MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error);
        }
        
        //情報メッセージの例
        private void showInfoMessage(string msg, string title = "情報")
        {
            MessageBox.Show(msg, title, MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
        }
    

VB.NET

    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
        ShowErrorMessage("エラーです。", "フォーム1")
    End Sub
    Private Sub Button2_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button2.Click
        ShowInfoMessage("削除できません。")
    End Sub

    'エラーメッセージの例
    Private Sub ShowErrorMessage(msg As String, Optional title As String = "エラー")
        MessageBox.Show(msg, title, MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error)
    End Sub

    '情報メッセージの例
    Private Sub ShowInfoMessage(msg As String, Optional title As String = "情報")
        MessageBox.Show(msg, title, MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information)
    End Sub
    








良いやや良い普通やや悪い悪い

投稿日時評価コメント